{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

野生のしっそう 障害、兄、そして人類学とともに

残り1点

2,640円

送料についてはこちら

著者 猪瀬浩平 / 出版社 : ミシマ社 / 2023年発行 / 四六変判 / 304ページ 知的障害があり自閉症者でもあるが、さまざまな鋭さをもった兄。障害がないとされているが、さまざまないびつさをもった弟(著者)。世間には、この兄と弟を切断する「ものの見方」があたりまえに存在する。 しかし、その分断をすり抜けてしまうある出来事が起こった。 2021年3月、コロナの感染拡大による緊急感が高まるなか、兄は突然しっそうする―― どこへ向かったのか? なぜしっそうしたのか? その道筋を辿りながら見えてきたのは、兄の「たたかわない」術だった。 外なる他者、遠くの他者を扱ってきた文化人類学に、あらたな道を拓く実践の書! 「障害とともにある人類学」から始まり、「内なる他者」を対象とした人類学へと展開する、あたらしい学問のあり方。 (出版社解説より)

セール中のアイテム